月別: 2018年12月

今人気の「フォトウエディング」とは?おすすめする理由を徹底解説!

最近よく耳にするフォトウェディングは、フォト婚とも呼ばれ、新しい結婚式のスタイルとしてメジャーになってきています。

フォトウェディングは、結婚式の前撮りであるウェディングフォトとは少し違います。いったい何が違うのか?ここでは、フォトウェディングについて詳しく解説していきます。

【フォトウェディングとは?】

フォトウェディングとは、結婚式のスタイルのひとつで、「挙式や披露宴を行わず結婚式の代わりに衣装を着て写真撮影を行うこと」です。参列者などは呼ばず、カップルだけで行うことが多く、「写真だけの結婚式」とも呼ばれています。

 

【フォトウェディングはどんな人が選ぶ?】

フォトウェディングは様々な理由で結婚式を挙げなかった人、挙げられなかった人が多く利用しています。例えば、結婚式の費用を新生活の費用にまわしたいという人や、再婚カップルなので結婚式は控えたい人、授かり婚で新婦が妊娠中なので体に負担をかけたくない人などを中心に人気になっています。

結婚式を挙げなかった夫婦が、結婚して数年経った後に「やっぱり記念に残しておきたい・・・」と考え、生活が落ち着き、改めてフォトウェディングを選ぶという方も多くいます。結婚して時間が経った後だと、式をするには、気がひける部分もありますが、フォトウェディングなら二人のタイミングで出来るので、気軽に利用しやすい事が人気の理由の1つです。

 

【フォトウェディングのメリット】

フォトウェディングの4つのメリットをご紹介します。


①タイミングを選ばない

②価格がリーズナブル

③準備や手間が最小限

④記念に残る


 

①タイミングを選ばない

フォトウェディングの最大のメリットとも言えるのが、このタイミングを選ばないことです。結婚してから数年経って生活が落ち着いた時、結婚○周年の時など、自分たちの好きなタイミングで行えます。他にも新婦が妊娠中なので、安定期にはいってからや子供が産まれてから行う事も出来ます。

 

②価格がリーズナブル

結婚式(挙式、披露宴)にかかる費用の相場が200万円~300万円前後とかなり高額で「結婚式にお金をかけたくない」「費用の捻出が難しい」という場合も多くみられます。フォトウェディングなら費用の相場が撮影場所や衣装、カット数などによりますが3万円~20万円前後で行うことが出来ます。

 

③準備や手間が最小限

一般的な結婚式は何ヶ月も前から準備をして、何度も打ち合わせをした上で当日を迎えます。一方、フォトウェディングはだいたい1~2回の打ち合わせで済むため、時間や手間も圧倒的に短くスピーディーです。忙しいカップルやすでに子どもがいるご夫婦、妊婦の方にもピッタリです。

 

④完成度の高い写真が出来る

フォトウェディングは撮影場所や衣装、ポーズなど自分たちの希望を選らんで撮影することが出来ます。フォトウェディングはタイミングや場所にとらわれずにじっくりと、理想のイメージに合わせて自由に撮影ができる事が最大の魅力です。思い出の場所で、大好きな海で・・・など好きな場所で撮ることもできますし、家族やペットと一緒に撮ることもできます。衣装も様々な種類のドレスを選べたり、和装や私服などでも撮影できます。

そのため、「結婚式の代わりにフォトウェディング」だけではなく、結婚式を控えたカップルが前撮りとして利用したり、結婚式後に思い出の場所で自由に撮影したいカップルにも支持されています。

 

【フォトウェディングの流れ】

①スタジオ・日程決め

まず気に入ったスタジオを見つけて、撮影を行う日程を決めていきます。人気のある撮影スタジオは予約がいっぱいで撮影するのが1~3カ月先になることもあるので早めに予約をしておきましょう。

 

②打ち合わせ

日程が決まれば、スタジオスタッフと打ち合わせを1~2回行います。撮影のプランや撮影時に着るウェディングドレス・着物選び、やりたいポーズやシチュエーションなども念入りにスタッフと話していきます。後々こうすればよかった・・・など後悔しないように、カメラマンやヘアメイクスタッフなどにも相談する事をおすすめします。ロケーション撮影の場合は天候不良の日程変更料、当日の体調不良によるキャンセル料、その他に費用がかかるのか、写真の納品方法など、気になる点は全て聞いておくと安心です。

 

③撮影準備

撮影当日は時間に遅れないようスタジオに行きましょう。早く来てしまうとお店によっては準備等でスタジオに入店できない場合もあるので気をつけてください。もちろん遅れてしまうと撮影の時間が大幅に削れてしまったり、撮影時間がとれなくなってしまうので遅刻は厳禁です。

撮影前にヘアメイクや和装の方は着付けを行います。事前に打ち合わせをした内容で進めていきます。妊婦の方は体調の面もあるので、体調が悪くなったらすぐ担当の方に言って休憩をとってください。

 

④撮影スタート

準備が整えば、いよいよ撮影スタートです。ロケーション撮影の場合は撮影場所に移動します。プランやスタジオによりますが、だいたい撮影は1時間程度です。ポーズや表情などはプロのカメラマンがアドバイスしてくれるので、リラックスして撮影してくださいね。

 

⑤撮影写真セレクト

撮影終了後は撮影した写真をセレクトします。気に入った写真がありすぎて選べないという方もスタジオによっては、携帯へデータを送信してくれたりするところもあるので一度確認してみてください。

当日は撮影までで終了です。後日商品が納品されます。アルバムの場合はだいたい1~3ヶ月後に郵送か受け渡しでもらいます。郵送の場合は送料の負担額も事前に聞いておくのがベストです。データだけの場合はCD-ROMなどで当日もらえる場合もあります。スタジオによるので、商品の納品についてもしっかり聞いておくといいです。

>>金沢のフォトスタジオバコパ写真館のお問い合わせはこちら

【結婚式前撮り】時期はいつ頃がおすすめ?人気シーズンは?

一般的に結婚式の前撮りは挙式日の2ヶ月前〜2週間前の期間で行う流れになります。式場の指定で式当日の1週間前に撮影という場合もありますが、最近は季節に合わせてロケーション撮影を行なったり、式場ではなく別の会社で前撮り撮影する方も多くいます。では、前撮りをするにはいつ頃、どの季節がピッタリなのか?時期に合わせて解説していきます。

 

人気シーズンは「春」と「秋」

 

結婚式は4月5月、10月11月が1年の中でもっとも多いシーズンです。それに伴い、4月5月、9~11月が一番人気の撮影シーズンになります。特にロケーション撮影の場合は桜や紅葉の時期で庭園や神社など和装撮影にピッタリな美しい背景で特別な1枚が撮れると人気があります。ただし、予約が混雑する、開花時期やきれいな時期が見極めにくい、観光ハイシーズンは撮影不可になる場所がある、といったリスクもあるので早めの確認&予約をしてください。さらに春と秋には連休もあります。ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの時期を希望する場合は結婚式も撮影も集中するので早め早めの行動がおすすめです。

 

ロケーション撮影~季節別ポイント~

【春:桜シーズンで最も人気な時期】

1年でもっとも前撮りが集中する時期が「春の桜シーズン」です。ただ、桜が綺麗に開花している時期は1~2週間しかありません。場所によって時期がズレたりするので、見極めがとても大事になってきます。しかし、春は天気も良いのでさまざまな衣裳を選ぶことができます。心地よい春風の中での撮影ですので、和装でも暑くならないですしドレスの日焼けも気にすることなく快適に撮影できます。

春はロケーション撮影に人気が高まる時期ということもあり、桜のシーズンはできるだけ早めに日程を抑えることをオススメします。予約は3~4カ月前がベストで、早い方は11月頃から予約をする方もいます。

 

【夏:海で楽しく笑顔いっぱいの1枚】

海が好きな方は、夏に撮影したい!と思う方が多いでしょう。広い綺麗な青い海を背景に楽しく撮影ができ元気いっぱいな1枚が出来上がります。他にも太陽の下で白いウェディングドレスを美しく見せたり、海で夕日をバックに撮れたりと人気があります。真夏の7~8月は比較的空いていて、各スタジオはキャンペーンなども行っていたり、リーズナブルに利用できる時期でもあります。

注意したいのが、夏は直射日光がきつく、光が強すぎて陰になりやすかったり、和装の場合は暑くて熱中症になったりなど気をつけたい点もいくつかあります。結婚式を控えている人は日焼けも要注意です。

 

【秋:紅葉の時期で和装撮影が集中】

秋は春の次に人気のあるシーズンです。秋といえば紅葉のキレイな時期。和装撮影をされる方が集中する季節です。広大な紅葉を背景に和傘を持ってシルエットで撮る前撮りは、まるで映画のワンシーンのような写真になります。寒くなり過ぎず、暑くなり過ぎずの気候なので、春同様いろんな衣裳が楽しめます。

春同様、予約が殺到するので早め早めの予約が必要です。綺麗な紅葉やイチョウの場所は一般の観光客の方も多いので撮影が出来ない場所もあります。事前確認は必ずおこなってください。

 

【冬:冬にしか撮れない美しい写真に】

冬は寒い中ドレスを着るのは辛いと感じる方が多いかもしれません。寒くて笑顔も出にくくなってしまう花嫁さんも多いのではないでしょうか。しかし、寒いだけのデメリットばかりではありません。冬にしか撮影できない美しいシチュレーションがたくさんあります。雪やイルミネーションはもちろん、冬の夕日はとても綺麗に見えることが多いです。他にも星空や夜景などの景色も綺麗に撮ることが可能です。

また、季節の中では一番空いているシーズンなので、予約がしやすいのもおすすめです。

 

スタジオで撮影する場合

スタジオで撮影する場合はあまり時期は関係ありませんが、4月5月、10月11月は結婚式が集中する=前撮りも集中するということになります。希望の日にちでなかなか予約がとれなくなることも多々あるかもしれません。人気の時期を把握し、いつ頃に撮影するのがベストなのか、どの季節にどんな撮影をしたいか、二人でしっかり相談しておくといいですね。

 

まとめ

撮影時期は撮りたいイメージで選ぶことが一番です。各季節毎に、その季節を活かした素敵な1枚が撮れます。「どんな写真を残したいか?」「どんな背景で撮りたいか?」「どんな場所へ行きたいか?」という部分がとても重要です。

春や秋の休日は予約が埋まりやすいので、なるべく早めの予約がおすすめです。夏や冬は予約がとりやすく、スタジオによって限定のお得なキャンペーンを用意している傾向がありますので念頭に入れておいてください。

必ずしも結婚式の1ヶ月〜2ヶ月前に前撮りしないといけないということはないです。逆に式までの残り1ヶ月は準備も忙しくなってきます。仕事、式の準備、エステ、前撮りとなると、慌しくなってしまいます。二人でゆっくりどの時期に撮影するか検討してみてください。

【予約受付中】桜フォト 絶賛受付中!

バコパ写真館が、2019年3月から4月まで実施する、桜フォトの受付を開始いたしました!

毎年、お客様から大好評のバコパ写真館の桜フォト。その桜フォトを、来年の3月から4月にかけて、実施の予定で、現在、その予約を受付ております。バコパ写真館での桜フォトは、毎年お客様から大好評をいただいている、その理由としては、お洒落なアンティーク調のスタジオ内に、桜をあしらった小物をふんだんに利用し、桜の雰囲気に変化させ、その時期ならではの、お客様を魅了する内装となるため、多くのお客様から支持いただいています。さらに、桜が満開の時期は、ロケーション撮影も大人気!バコパ写真館のすぐ裏手には、あまり知られていない桜が満開なフォトジェニックな場所が多く存在します。そんなあまり知られていない素敵な桜スポットで、あなたならではの素晴らしい撮影をすることができますよ。

 

春は、気侯が不安定になるシーズン。ロケーション撮影で桜フォトが撮りたい!と思っていても天候が雨になることも多々あります。バコパ写真館では、万が一、雨になっても、期間中は、スタジオ内が桜調になっているので、当日急遽、ロケーション撮影からスタジオ撮影に変更することも可能です。

スタッフは、大手結婚式場のブライダル・ヘアメイクを多く手掛けてきた敏腕スタッフばかり。そのサポート術は、写真館のクオリティではなく、お客様の繊細な変化を見逃さず、自然にリードしてくれ、配慮深いので、とても安心してスムーズな撮影が可能です。また、ヘアメイク技術も、一般の写真館とは比べ物にならないほど、高い技術を持ち合わせています。きっとお客様のご希望に沿ったヘアメイクや撮影ができるはずですよ。

桜フォトでは、
・ブライダルフォト
・入学式フォト/ランドセルフォト
・子供写真
・七五三前撮り撮影
・成人式前撮り後撮り撮影など

を実施しています。桜の時期は一瞬しかないので、スタジオ撮影、ロケーション撮影をご希望の方は、是非お早めにご予約ください。

また見学・質問など随時受け付けておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。メールかLINEだとつながりやすいです。

 

流行のフォトウェディング!相場や安く抑えるコツはあるのか?

最近流行の「フォトウェディング」とはいったい何なのか?フォトウェディングをしたいけど、費用や平均価格が分からないといった疑問をここで解決!相場や安く抑えるコツをご紹介します。

フォトウェディングとは

フォトウェディングとは、結婚式のスタイルのひとつで、「挙式や披露宴を行わず結婚式の代わりに衣装を着て写真撮影を行うこと」です。参列者などは呼ばず、カップルだけで行うことが多く、「写真だけの結婚式」とも呼ばれています。

 

フォトウェディングは2種類ある?

フォトウェディングには大きく分けて2つの種類があります。

・ロケーション撮影

・写真館、スタジオ撮影

ロケーション撮影の場合は、新郎新婦が希望する場所、思い出の場所などで撮影を行います。写真館、スタジオ撮影の場合は、文字通りスタジオ内で様々な背景やポーズで撮影を行います。

 

フォトウェディングの相場

各スタジオによって様々ですが、基本的にプランやパックになっていることが多いです。ロケーション撮影とスタジオ撮影でも費用は変わってきます。だいたいの相場をみていきましょう。

5万円~10万円未満と15万円以上が約3割います。この金額の差は、ロケーション撮影とスタジオ撮影の差ではないかと予想できます。

 

スタジオ撮影の相場

□洋装プラン  …30,000円~80,000円程度
□和装プラン  …40,000円~100,000円程度
□洋装+和装プラン…60,000円~100,000円程度

スタジオ撮影の場合、衣装別でプランが分かれている事が多いです。他にも撮影枚数などでプランが分かれているところもあります。金額は衣装の点数や、グレード、撮影データ付きかどうかでも変動します。撮影アイテムを持ち込みたい場合は事前にスタジオに確認しておきましょう。

 

ロケーション撮影の相場

□洋装プラン   …100,000円~150,000円程度
□和装プラン   …150,000円前後
□洋装+和装プラン…250,000円前後

ロケーション撮影の場合、スタジオ撮影より全体的に費用が高くなります。また気をつけたいのは、直接肌に身につけるものは事前に購入する必要があります。肌着やストッキング、靴下など事前に確認しておきましょう。

 

プランの一例

<プランA>スタジオ撮影

料金:30,000円|衣装:洋装1点|撮影枚数:20カット|+撮影データ|

<プランB>スタジオ撮影

料金:90,000円|衣装:洋装2点|撮影枚数:50カット|+撮影データ|

<プランC>ロケーション撮影

料金:130,000円|衣装:洋装1点+和装1点|撮影枚数:50カット|+撮影データ|

 

上記はあくまで一例であって、実際の料金や内容はスタジオにより様々で、幅広い料金設定になっています。各スタジオにプランの料金の内訳などもしっかり事前に確認しておくことが必須です。自分に合ったプランや料金を見つけて楽しく撮影しましょう。

 

節約ポイント

なるべく費用を抑えてフォトウェディングをしたい方におすすめの節約ポイントをご紹介します。

①平日に撮影する

土日祝日は混雑することもあり、追加料金がかかるところもあります。反対に平日だと比較的空いていて、スタジオによりますが、平日だけの割引プランやキャンペーンなどがあったりします。

②洋装1点だけにする

和装により洋装のドレスのほうが、基本的にリーズナブルです。絶対和装がしたい!というわけではなければ、洋装にするのも良いですね。衣裳が1点のみであれば、基本のプランに含まれていることが多いので、追加料金は発生しない場合がほとんどです。

③スタジオ撮影にする

ロケーション撮影よりスタジオ撮影の方が比較的安くなっています。また、ロケーション撮影だと雨が降ったときに撮影できず、キャンセル料がかかる場合もありますがスタジオ撮影なら屋内なので、雨が降っていても大丈夫です。

 

追加料金がかかるオプション

基本のプランだと物足りないという方はオプションの内容もチェックしておきましょう。主に多いオプション内容が下記の項目です。

・ロケーション1箇所につき 10,000円~30,000円程度

・土日祝料金       10,000円~20,000円程度

・カット数の追加     10,000円~20,000円程度(1カットあたり)

・写真の全データ     30,000円~50,000円程度

・写真の焼き増し     5,000円程度(1枚あたり)

・アルバム作成      50,000円~100,000円程度

・衣裳や小物の持ち込み  無料~50,000円程度

 

スタジオやプランによっては、基本の料金にこれらのアイテムが含まれていることもありますが、反対に、基本の料金が格安でも、希望どおりにしようと思ったら、追加料金をたくさん支払わなければならないケースもあります。スタジオやプランを選ぶ前に、基本料金とオプション料金の内容をチェックして、合計額を計算したほうが良さそうです。

>>金沢のフォトスタジオバコパ写真館のブライダルフォトプランはこちら

カテゴリー別で見る

バコパ写真館

石川県金沢市糸田2-80-5
tel.070-5061-2797
営業時間10:00-17:00
定休日毎週火曜&水曜

スタジオにお越しの方へ

「バコパ写真館 糸田」は、糸田2丁目と糸田2丁目南の交差点の間に位置しており、敷地内に駐車場を完備しております。
お着物やお荷物などございます場合、ご連絡いただけましたら、お運びさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

金沢駅から車で西金沢方面20分

アクセス

バス
北鉄バス 糸田町バス停から徒歩約5分
»黒田線57
»黒田線64
»上荒屋線50
タクシー
金沢駅より 約15分
自動車
北陸自動車道 金沢西IC 約5分
北陸自動車道 金沢東IC 約25分

車でお越しいただく場合

西インターから西インター大通り(野田専光寺線)に入り、増泉方面へ直進。
ガソリンスタンドとコンビニのある新神田交差点で右折し、直進。
2つ信号を越して、左側にあります。
レンガ造りのアンティーク調2階建物です。
tel
tel
mail
map
LINE
ページトップへ